経費を考えるなら、やっぱりリサイクルトナー

以前は、カラーコピー、プリンタ、ファクシミリ、レーザーコピーといろんな仕事ごとに機械がオフィスに並んでいたけれども、最近は複合機が出てくれたおかげで、すっきり一台で何役もこなしてくれるようになっています。

オフィスもすっきりして良くなったけれども、トナーの需要が多くて、けっこうコスト高になっているんだよね。

便利なんだけれども、パソコンにつないでの企画書のプリントアウトはインクジェットよりもはるかに速くて仕上がりも綺麗だから、好まれているんだけれど…。

そう悩んでいる総務部の方が、いらっしゃいますね。

それならリサイクルトナーですよ。

これならば、純製品よりもコストを数段落とせるし、何よりカートリッジが再利用されてエコに繋がるんですから、自然に優しいですよね。

WEB上では、複合機の機種やトナーカートリッジの型番から検索をかけて探す事が出来ますし、配達もその日のうちに手に入れることだってできますから、無駄がありません。

オフィスの必需品は待ってくれません。

そういったサービスも万全なのも見逃せませんよ。

トナーカートリッジって、けっこう値がはるものじゃないですか。

例えばレーサープリンターでも家庭で使える機種も出てきています。

そうなると気になるのがランニングコスト。

いくら便利で早くてもコスト高だと、困ります。

そんな時の強い味方が、リサイクルトナーなんです。

カートリッジは再利用して、中身のトナーを充てんしてまた使えるようになるので、かなりコストは削減する事ができるのです。

品質もISO取得の安心できる工場が行っているので、心配はありません。

カートリッジを再利用するのですから、ゴミも減らせるしコストも削減できる。

いい事づくめじゃないですか?

カラートナーもリサイクルのトナーが用意できるようになっていまです。

こういった経費の削減は当然ですよね。